« かどや。 | トップページ | 節目、、その2。 »

2011年3月 9日 (水)

節目、、。

いままでにも色々な節目があったけど、気がつけば半世紀が過ぎた。就職して仕事について家族を持った20代、会社を辞めて独立してがむしゃらに働いた30代。仕事も落ち着いて安定したかと思いきや最後に大どんでん返しの40代。楽しい時も苦しい事もあったけど、何一つ後悔する事の無かった半世紀だと自信を持って言う事が出来ると思う。支えてくれた家族や両親に感謝、友人や色々な仲間達に感謝につきるけど、、。40代はとにかく面白かった、家族の事はもちろんだけど仕事の面で大きく変化があったから。1999年春に初めてアメリカに撮影に飛んだ。ロサンゼルスで現地カメラマンと落ち合い、ミネアポリスに移動してミネソタ州で撮影後西海岸のポートランドへ移動してオレゴン州周辺で撮影。初めての海外ロケで緊張したけど何もかもが新鮮で楽しい仕事だった。その秋にはダラスからオースチン等を回るテキサスロケ。すっかりアメリカに馴れてきた感じだったな。2002年には初めてのヨーロッパ。フランス経由でイタリアのボローニアに入り展示会を視察。その後電車でミラノに移動、夜にはインテルとユベントスの試合を見る事も出来た。

Pict0030

回りのおっちゃん達が酒に酔いながら花火をあげて大声で騒いでいるのが面白かった。

Pict0047_3

イタリアの街は陽気でどこも美しくて食べ物もおいしかったな。

Pict0131

その後フランスに移動。パリの街は東京の様な都会で面白くなかったけど、少し離れた田舎に入ると人は優しくとても感じが良かった。ホテルの近くに地元の常連さんの集まる古ぼけたバーがあって、入ってみると家族で経営しているのかカウンターの中で10歳位の少年がつまらなそうにしていたので、ご自慢のマジックを披露してあげたら「マジシャンや!」と大喜びして、回りの大人達も覗き込んでビックリしてた。店のおばさん東洋人の怪しいヤツだと思って子供を後ろに追いやっていたけど。

Pict0122_2

ミラノでも色々と美術館を回ったが、パリではルーブルとオルセーに行った。ルーブルは広すぎて回るのに1日かかって疲れたけど、自分的にはここオルセー美術館がこじんまりとしてて見易くて好きだったな。

Pict0145

ドイツはフランクフルトに移動して、確か1日程仕事してベルリンに移動。ベルリンの壁が所々に残されていた。

Pict0168_2

ベルリンでどうしても行きたかった「ベルリン天使の詩」で出てきた塔に上って感激、この日はあいにくの雨模様だったけど。

Pict0001

夜の街をブラブラしながらバーに入ったら、家族で来ているお客さんの子供がビールを飲んでて驚いた。

Pict0059_5

仕事とは全然関係なかったけど(どれもそうだけど)、せっかく欧州まで来たのだからとスペイン・バルセロナに移動。これまた見たかったアントニオ・ガウディの建築物を見て回る。

Pict0027

グエル公園やカサ・ミラなど、街中の所々に建造物が残っていた。

Pict0071

この年のもう一つの大きなイベントがヨーロッパツーリング。BMWのディーラーの企画で以前仕事で来日していたドイツ人のライダーがミュンヘンに帰ったので、彼に案内してもらいミュンヘンでBMWをレンタルしてドイツ、イタリア、オーストリアと回るツーリング。

Dscf0060

写真はイタリア・コルチナにて。この後回ったドロミテの峠がとにかく美しかった。下りではロードバイク(自転車)に追い回されて、あっという間に追い抜かされたのに驚いた。この頃はまさか自分が自転車乗りになるなんて思ってもみなかったけど。ドイツに入国してノンシュヴァンシュタイン城を見学して最後にミュンヘン目指してアウトバーンをひた走り。バックミラーに小っこく見えていた車があっという間にバイクの後ろに近づいてきて、慌ててレーンを譲るとこれまたあっという間にかっ飛んでったポルシェ。バイクも200km位で走っていたんだけどな、とにかくガソリンが見る見るうちに減っていくのでガスケツが恐かったけど、、。

つづく。

|

« かどや。 | トップページ | 節目、、その2。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280510/39163551

この記事へのトラックバック一覧です: 節目、、。:

« かどや。 | トップページ | 節目、、その2。 »